BULGARI HOTEL TOKYO / ブルガリ ホテル 東京

ブルガリ ホテルズ & リゾーツのコレクション8番目のホテルとして、2023年4月4日にオープンした「ブルガリ ホテル 東京」。八重洲二丁目に建設された超高層ビル「東京ミッドタウン八重洲」の40階から45階のフロアに展開し、興味深い歴史を湛えた緑豊かで閑静な皇居をのぞむとともに、東京の街並みが一望できる最上級のロケーションです。

”インテリアデザインはその土地の伝統に深く根付いている”というブルガリ ホテルでは、98室ある客室やスイートルーム、ブルガリバーに、イタリア屈指の高級家具ブランドに加え、日本ブランド・Ritzwellの家具が採用されました。

THE BULGARI BAR / ブルガリ バー

ブルガリ ホテル 東京 の 45階にある「ブルガリ バー」には、2016年に発売したMO TABLEをベースに特注サイズで製作したテーブルが納められています。丸みを帯びた天板エッジ、天板から斜めに伸びる愛らしい丸脚のラインなど、無垢材の質感を存分に感じさせながらもすっきりと仕上がったモダンなフォルムは、ていねいに無垢材を削り出すことで生まれたデザイン。美しい木々や色とりどりの鳥たちが集う楽園を表現した壁画や、大地や植物などをイメージするアースカラーに覆われた空間に、上質な素材を使用した有機的なデザインが見事に調和しています。

MO TABLE (特注サイズ) 
優しく暖かな雰囲気が印象的なMO TABLE。
空間やラウンジチェアとのバランスに合わせて特注サイズにて製作。
特注 SERVICE WAGON
空間のインテリアと程よく調和する木製の特注ワゴン。
取っ手にはRitzwellの代表的な素材の一つ「厚革」があしらわれています。

Rooms / 客室

ブルガリ ホテル 東京の98室の客室とスイートには 、丸みのあるエッジラインと厚革が生み出す豊かな表情が魅力のMO BRIDGEシリーズから「MO BRIDGE SMALL DESK」と「MO BRIDGE STOOL」が採用されました。温かみのあるオレンジ色の壁に、シックなブラック✕ヴィンテージブラウンが程よくアクセントとなり、エレガントで落ち着いた雰囲気を演出します。その他、部屋タイプによって同シリーズのベンチやサイドテーブルがコーディネートされています。

MO BRIDGE SMALL DESK & STOOL
艶をおさえたマットなブラックと、潤いのあるしなやかな風合いを漂わせる厚革のコントラストが美しいMO BRIDGE シリーズ。
特注 LOW CONSOLE
バスルームには、黒御影石と調和した静謐さを纏いながらも、Ritzwellデザインの特長でもある異素材の組み合わせが印象的な特注コンソールテーブルが設置されています。水の浸透に配慮し、天板には艶を抑えたウレタン塗装(マットブラック)を厚めに施し、脚部はステンレススティールを黒粉体塗装で仕上げています。
MO SIDE TABLE
手に優しく馴染むエッジラインが美しい「MO  SIDE TABLE」。見る角度によって浮かび上がる豊かな木目が空間に温かみをプラスします。
特注 BEDSIDE TABLE
MO BRIDGE BENCH
座面に編み込まれた厚革ベルトが生み出す程よいボリューム感と硬めのシートは、座るだけでなく、モノを置いたり飾ったり、インテリアの一部としての柔軟な楽しみ方を可能にしています。
特注 CONSOLE
MO BRIDGE STOOL
特注 STORAGE
都内最大級の広さを誇るブルガリ スイートには、木製の特注ストレージ(ワードローブ)を製作しました。本体は自然な木目を生かしたナラ材のクリア塗装とし、その扉を巻き込むようにあしらわれているのは特別に取り寄せたイタリアレザー。良質な素材の組み合わせが柔らかなコントラストを生み、空間との調和の中で上質感を纏います。

Credit

Project:ブルガリ ホテル 東京
Brand:ブルガリ ホテルズ & リゾーツ 
interior design : ACPV ARCHITECTS アントニオ・チッテリオ・パトリシア・ヴィエル
Photography:Nacása & Partners