Furniture Collection

■Collection Style / Ritzwellが捉えるコレクションスタイル

コア・バリュー「愛着を記憶する家具」を約束したプロダクトデザインには、トレンドに媚びない、美しい道具としての景色を持った、革新的でシンプルなデザイン思想が求められると同時に、「コア・バリュー」を明確に体感してもらうための、本格家具としてのあり方が求められます。
「革新性」と「本格家具」の異なった2つの視点の融合は、近年、作家性の高い家具への多様な感性と指向性が急速に高まっている、日本をはじめとした国際的なファニチャー・マーケットに、マスプロダクトにはない「ゆとり」や「素材のもたらす心地よさ」「愛着」を通じて新しい価値を「体感」してもらうための、リッツウェル独自のコレクションスタイルのとらえ方であり、全てのコレクションに共通する原点でもあります。
作家性によるストイックさやシャープさをデザインベクトルとしない、「ほっと気をぬける気軽さ」と「エレガントさ」が融合した、ゆったりとしたサイズのイージーチェアなどの本格家具への多様な試み、その延長からリッツウェルのメインコレクションは生み出されています。

*Collection Style - Collection Style Perceived by Ritzwell -

With Furniture with Memories as its core value, the product design by Ritzwell is required to have an innovative, and at the same time simple, design concept with the context of beautiful tool that does not follow the trends, while being authentic furniture that exemplifies the core value.
Union between two different concepts of innovativeness and authentic furniture is the unique perception of collection styles by Ritzwell. It targets Japan and other international furniture markets, where attention for highly artistic furniture is recently rapidly increasing, and aims to make a new value available to bodily sensation through restfulness, comfort from materials, or attachment that are not available from mass-produced items. It is also the point of origin shared by all collections by the company.
Without placing stoicalness or sharpness of art in the centre of its design, Ritzwell makes varied endeavour for roomy easy chairs and other authentic furniture where lightheartedness and elegance are united. This endeavour is the origin of the main collections of Ritzwell.