カタログ NEW
ニュースレター

アセット 1

Topics

  • デザインの余白を愉しむ MT TABLEの魅力

    天板エッジのなだらかな曲面が生む、腕に馴染む優しい感触とエレガントなフォルム。
    厳選された美しい無垢材を丁寧に削り出すことで生まれる贅沢な素材感と上質な存在感が、テーブル全体にやさしい雰囲気を漂わせています。
    ボリュームのある天板と華奢な脚部、無垢材の温かさと金属の無機質な質感など。対極的なエッセンスが絶妙なバランスを保つ穏やかなデザインは、どんなチェアにもどんな空間にも馴染む、懐の深さを感じさせます。
    豊富なサイズ展開、天板、脚部の素材やカラーの選択肢の広さも、MT TABLEならではの魅力。様々なシーンに合わせて、思い思いのコーディネートをお楽しみいただけます。

    ボリュームのある無垢材をあえて贅沢に削り出すことで生み出された、天板エッジのなだらかなライン。
    これによって、テーブル天板の有効面積は小さくなってしまうのですが、この、一見無駄に見えるエッジ部の曲面こそが、MT TABLE 最大の魅力となってもいるのです。天板エッジの腕に沿う優しい感覚や、つい触れてしまいたくなるような滑らかな感触。デザイン上の余白ともいえるこの“ゆるやかな曲面” がもたらす、美しいラインとやさしい手触りによって、サイズ以上の贅沢な使い心地をお楽しみいただける逸品に仕上がっています。
    ここにも、単に機能性を追求するだけでなく、五感を満足させることこそが暮らしを心地よくするという、リッツウェルデザインならではのこだわりが生きています。

    温かみが魅力の無垢天板は、厚み40mmの贅沢仕様。天板の端から75mmにわたってゆるやかに削り出したラインが、無垢材のボリューム感を残しながらも、すっきりとした表情を作り上げています。
    テーブルの周囲75mmのこの曲面部分は、天板としての役割や効率といった視点からは機能を充分に果たさない、いわば無駄ともいえるスペース。リッツウェルはこれを余白のデザインと捉え、美しさや心地よさといった人間の五感に訴えかける有効な試みだと考えています。余白がもたらす豊かさを、是非お愉しみください。

    無垢天板は、ウォールナット材とナラ材の2種類。
    それぞれの木材の特徴的な表情を生かすために、杢目の自然な風合いが美しいウォールナット材では板目を、素地が明るく着色による表情の多様さが魅力のナラ材には癖の少ない柾目を使用しています。
    ナラ材は従来の5色に新色2色(※)を追加した、7色の塗装色を展開しています。
    ※新色はアップグレード(オプション)です。

    ウォールナット天板には、無垢天板の他、突板天板もご用意しています。
    通常、同一製品の突板タイプと無垢材タイプの天板には、印象の違いが出ないような配慮がされますが、MT TABLEの突板天板には、無垢天板とは異なる特徴的なデザインが施されています。
    天板は、四方に80mmの無垢材を回した框構造。突板面との切り替え部分には、無垢材の収縮を考慮して0.5㎜の目地を施し、あえてデザインとして処理することで、天板にメリハリのある表情を作り上げています。
    滑らかですっきりした無垢天板とはまた違う美しさをお楽しみいただけます。

    有機的な無垢材の天板とは対照的なスティール製の脚部。
    冷たい印象になりがちな金属素材に、日本の伝統色をベースにしたウレタン塗装を施すことで、落ち着きのある上質な表情を作り上げています。
    量感のある柔らかな印象の天板デザインに、脚部の丸パイプとフラットバーの立体的な組み合わせが、構造体としての視覚的な面白さを生み、洗練された雰囲気をプラスしています。
    脚部の貫と両サイドのフラットバーの接合部に露出したボルトも、デザインの一部として、同色の塗装で美しく仕上げられています。
    天板を支える幕板は天板の端から350mm以上の内側に取り付けられており、アームチェアをセットした場合でも、テーブルの奥まで無理なく収まります。

    脚部は、スティール・ブラック塗装と、ステンレススティール・ウレタン塗装(6色)の全7色展開。
    モダンな印象のブラック塗装に対し、ステンレススティールのウレタン塗装(※)は、日本の伝統色をベースにした落ち着いた仕上がりが人気です。

    ※ウレタン塗装はアップグレ―ド(オプション)です。

    ・W1450~W2550まで幅広いサイズをご用意しています。
    ・天板の樹種は、ウォールナット材とナラ材(7色)の2種類。ウォールナット天板には、無垢材タイプと突板タイプをご用意しています。ご予算や用途によってお選びいただけます。
    ・脚部の取付位置は、各テーブルサイズごとに2タイプ(タイプA・タイプB ※)をご用意しています。組み合わせるチェアのサイズや脚数に応じたバランスを考慮してお選びください。

    ※ 天板端から脚の取付位置までの距離 タイプA = 286mm タイプB = 186mm

    2020年発売のMT BENCH
    厚革ベルトが編み込まれた座面エッジの柔らかな曲面と構造的な脚部デザインの美しさが魅力のアイテムです。
    MT BENCHIのこの特徴的な座面は、ゆるやかに曲面を描く無垢材のフレームに、職人が厚革ベルトを一本一本ていねいに編み込んで作り上げています。
    絶妙に編み込まれた厚革ベルトが生み出す陰影や軋みが、落ち着いた表情と確かな座り心地を実現します。
    上質な素材使いと洗練されたフォルムは、職人の優れた手仕事が可能にしたもの。こうした職人たちの巧みな手仕事が、リッツウェルの独特な世界感を支えています。

    ・ベンチサイズは、W1505 (M)とW1810(L)の2サイズ展開。