showroomform
Products Feature
ニュースレター

アセット 1

Topics

  • ミラノサローネ2016出展レポート

    リッツウェルはミラノサローネ史上初めてアジアのブランドとして、
    HALL5への出展を果たし、注目を集めました。

    会期:2016年4月12(火)~17日(日)
    会場:ホール5 スタンドH07

    リッツウェル単独出展4年目となる2016年のミラノサローネでは、世界のインテリアを牽引する一流ブランドが集まることで知られる、人気の5号館への出展を果たしました。日本はもちろんアジアのブランドとしての5号館初出展のニュースは、今年のサローネの大きな話題となり、イタリアのTV局からのインタビュー依頼や各国プレスからの取材が相次ぐなど、多くの注目を集めました。

    今年リッツウェルが提案したのは、
    新たな雰囲気をまとった“BLACK&WHITE”。

    日本の木工職人の卓越した技術とていねいな手仕事が作り上げる家具の魅力はそのままに、オーク材の木目を生かして仕上げられた「温かみのある白と黒」が、リッツウェルの代名詞ともいえるウォールナットの美しさと相俟って、モダンでエレガントなスタイルを生み出しました。
    無垢材ならではの柔らかいフォルムとサイズ展開が特徴の新作、『MOテーブルシリーズ』も空間のアクセントとなって、やさしい“BLACK&WHITE”のリズムを刻んでいます。

    リッツウェルが作り出す独特の世界観に新たなエッセンスを加えたこの試みは、既存のメーカーにはない魅力的なデザイン提案として、世界中のバイヤーや一流クリエイターたちからの高い評価を得ることができました。
    時が生み出す表情の変化もデザインの一つと捉えるリッツウェル独特のデザイン哲学は、素材の特性を生かしながら美しさの本質を追求する、確かなモノ作りの姿勢から生まれます。時の流れの中で美しく変化するリッツウェルの家具の魅力が、このサローネ会場から、こだわりのディーラーたちの手によって世界に拡がっていくこともまた、私たちの大きな喜びです。

    リッツウェルのクリエイティブディレクターでありデザイナーでもある宮本晋作と、アートディレクターのロベルト・ディ・ステファノ率いるイタリア人チームとのコラボも2年目となった今年。
    効果的に配されたライティングが光と影の美しいコントラストを生み、ニュアンスのある白黒の世界を演出しています。障子をモチーフにしたスクリーンを中心にして、直線的な照明や幾何学を多用したアートサインを用いるなど、一つの流れをもたせたブースデザインに、家具色を意識したオーク材や真鍮使いのオブジェが加わることで、モダンな中にもリッツウェルらしいぬくもりを感じさせるプレゼンテーションとなりました。